ガジュマルについて

分類/クワ科フィカス属
原産地/東南アジア、沖縄

ガジュマルは太い幹から小枝が伸びる独特な形をしています。その太い幹がとても愛らしく、それと同時に熱い地域のエネルギーのようなものを感じます。ちょっとかわった観葉植物でインテリアを飾りたいという方におすすめです。

自生地では高さ25メートルにも成長する高木で、幹や枝からたくさんの気根を伸ばして地面につくと太い幹になります。

私もインテリアに取り入れ育てていますが、5年目にしてホニョホニョと細い根のような気根が生えてきてそれが鉢の地面に到達し少しずつ太くなってきています。

ガジュマルは十分に日に当てると充実した木になりますが、耐陰性が強いので室内でも育てられます。しかし日照時間が足りないと葉が黄色くなって落ちてしまいますのでほどほどに日を当てましょう。

ガジュマルは挿し木、取り木で簡単に増やすことができます。根詰まりは葉が落ちる原因になりますので、5〜7月ごろに鉢から根が見えるようになっていたら一回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。土は観葉植物用の混合土で植えかえます。肥料は5〜10月に粒状の化成肥料か有機質肥料を鉢の縁に置きます。

ガジュマルは、さほど手が掛からず丈夫な観葉植物です。ぜひインテリアにひとつ加えてみてください。


100円インテリア
パンチングボード

imaifujiko at 19:10│clip!インテリア 観葉植物